MENU

自分だけの本作り

シール

特徴を抑えたオリジナル品

同人誌の製作を手掛けている人にとって、製本作業はその出来を左右する重要な工程です。一言で製本といってもその加工方法には様々な手法が存在しており、一冊全部をきれいな加工で仕上げようとすると思った以上に費用が掛かるという事態が起こり得ます。そこで、コストを抑えつつ見た目のよい製品を作成するために検討する価値があるのが、同人誌の表紙だけを高度な加工で仕上げ、それ以外の部分は通常の方法で印刷するというものです。ここで高度な加工に該当するものの一つに箔押しというものがあります。これは熱と圧力を利用して金属箔を表紙に転写することで文字や絵柄などを映しこむ手法です。これ以外には、デコボコニス加工という面白い名前の印刷方法がありますが、これはニスを二種類塗付することで生まれる質感を利用して絵柄を表現するという名前からは想像できないような高度な手法です。さらに、上製本という書店で販売されているハードカバーのようにしっかりとした表紙を付ける方法もあります。これらの全部に対応している印刷業者は限られますが、そのなかでさらに同人誌の印刷サービスを提供しているところはそれほど多くはありません。そのため、インターネットなどを利用して探す場合は、多くの人の評価や意見をするとよいでしょう。また、依頼する前に、印刷業者の人へ自分が作りたいと考える同人誌のイメージや予算などをきちんと伝えておくことが大切です。信頼できる印刷業者へ依頼をして満足できる同人誌の表紙を作りましょう。

オススメ記事

袋

便利な印刷製品について

持ち物に名前を記入する手間が省ける名前シールには、様々なサイズが用意されています。あらゆる素材に貼り付け可能で、粘着力も強く耐水性にも優れています。印刷業者で取り扱いが行われており、Webサイトから注文をすれば色々なデザインの名前シールに希望の表記で名前を印刷してもらえます。

冊子

商品をよく見せる包装材

OPP袋はポリプロピレンを素材とした光沢と透明性に優れた包装材です。ショップ経営者やネット通販業者等に高い需要があります。専門に扱う業者も多数に上るので、商品のラインナップや料金等を比較したうえで選ぶことができます。

色見本

手軽になった『本』作り

紙の原稿用紙を用意して本を作る時代に比べ、現代ではすべてデータで処理が出来るようになったことで、気軽に同人誌が作れるようになりました。印刷所によっては、印刷だけでなく表紙のデザインも行なってくれるため依頼してみるとよいでしょう。
袋

自分の持ち物に貼ろう

名前シールは、持っておくと便利なアイテムですが、自分でデザインし、印刷することができます。また、テンプレートやフリー素材をダウンロードすれば、おしゃれなシールも作れますし、データを残せば、シールがなくなった時にも安心ですよ。

Copyright© 2017 同人誌の表紙を魅力的に|名前シールからOPP袋まで広がる印刷の世界 All Rights Reserved.