MENU

自分の持ち物に貼ろう

袋

自分で印刷してみよう

子供さんが幼稚園や学校、大人は旅行などで、自分の持ち物に名前を書いておく機会がありますが、中にはマジックで書きたくないものもありますし、油性で書いても日々使っていれば、名前が消えてしまうこともあるので、名前シールなどを使う方もいらっしゃると思います。名前シールは、自分で印刷する方法だと、思いのままのサイズや名前の書体を選んで作ることができるので、パソコンで絵を描いたりシールや名刺を印刷したことがある方におすすめです。また、名前シールのデザインが思いつかない方やもっとおしゃれなものにしたいという時は、インターネットを使って、無料のテンプレートをダウンロードしてみましょう。フリー素材を集めたサイトや製作者が自分用に使ってもいいと許可しているものであれば、どなたでもダウンロードして楽しむことができます。また、名前シールを印刷する用紙ですが、裏がシール状になっている専用の紙を使いましょう。最近では、ホームセンターや文具店、百円ショップでも買えるので、まとめ買いをしておいてもいいでしょう。しかし、表が光沢紙になっているものは水に弱く、食器や水筒などに貼っておくと、インクが落ちてしまうことがあるので、使う用途に合わせて紙を選ぶことをおすすめします。自分で印刷する方法は、データを残しておけば、なくなった時にいつでも手軽に印刷して作ることができ、編集もできるというメリットがあります。得意な方は、是非お試しください。

オススメ記事

袋

便利な印刷製品について

持ち物に名前を記入する手間が省ける名前シールには、様々なサイズが用意されています。あらゆる素材に貼り付け可能で、粘着力も強く耐水性にも優れています。印刷業者で取り扱いが行われており、Webサイトから注文をすれば色々なデザインの名前シールに希望の表記で名前を印刷してもらえます。

冊子

商品をよく見せる包装材

OPP袋はポリプロピレンを素材とした光沢と透明性に優れた包装材です。ショップ経営者やネット通販業者等に高い需要があります。専門に扱う業者も多数に上るので、商品のラインナップや料金等を比較したうえで選ぶことができます。

色見本

手軽になった『本』作り

紙の原稿用紙を用意して本を作る時代に比べ、現代ではすべてデータで処理が出来るようになったことで、気軽に同人誌が作れるようになりました。印刷所によっては、印刷だけでなく表紙のデザインも行なってくれるため依頼してみるとよいでしょう。
袋

自分の持ち物に貼ろう

名前シールは、持っておくと便利なアイテムですが、自分でデザインし、印刷することができます。また、テンプレートやフリー素材をダウンロードすれば、おしゃれなシールも作れますし、データを残せば、シールがなくなった時にも安心ですよ。

Copyright© 2017 同人誌の表紙を魅力的に|名前シールからOPP袋まで広がる印刷の世界 All Rights Reserved.