MENU

製品の特色とサービス内容

本

かかる費用について

OPP袋は、様々な分野の商品パッケージとして採用されている素材です。OPP袋は正式名称を二軸延伸ポリプロピレンと言い、耐水性に優れ透明度が高いという特色があります。ポリプロピレンを最大限まで引き伸ばして加工しているため、これ以上伸びることがなくよれたり縮んだりする心配もありません。その性質のおかげで、いつまでも滑らかで光沢のある質感が持続します。そのため、商品のパッケージとして使用すると中の物が綺麗に見えます。また、紙類など薄いものを入れておけば、保護カバーとしての役割も果たします。それでは、OPP袋を導入する際にはどの位の費用がかかるのでしょうか。OPP袋自体は、100円均一の店などで安価で手に入れることができます。名刺サイズから特大サイズに至るまでそろっているため、用途に合わせて選びたい場合に最適です。その他、袋の口に糊がついたOPP袋もあります。こういったタイプは、手紙や広告など封が必要な場合に便利です。その他、ブックカバー用に加工されているものもあります。特殊な形状のOPP袋は、シンプルなものに比べて少々価格が高くなる傾向にあります。他と差をつけたいという場合には、にOPP袋の表面に印刷を施すという方法がおすすめです。その際には、対応している印刷業者に依頼しなければなりません。OPP袋の表面に直接印刷してもらうことができるため、パッケージを統一したい場合に役立ちます。印刷費用については、デザインによって異なります。デザインが複雑だったり大きかったりするほど高くなる仕組みです。一回印刷を頼んでおくと、その後は同じ型を使用して増産できるようになります。型を作る必要がないため、その後の印刷料金はリーズナブルです。手頃な料金設定は、多くの利用者から支持されています。

オススメ記事

袋

便利な印刷製品について

持ち物に名前を記入する手間が省ける名前シールには、様々なサイズが用意されています。あらゆる素材に貼り付け可能で、粘着力も強く耐水性にも優れています。印刷業者で取り扱いが行われており、Webサイトから注文をすれば色々なデザインの名前シールに希望の表記で名前を印刷してもらえます。

冊子

商品をよく見せる包装材

OPP袋はポリプロピレンを素材とした光沢と透明性に優れた包装材です。ショップ経営者やネット通販業者等に高い需要があります。専門に扱う業者も多数に上るので、商品のラインナップや料金等を比較したうえで選ぶことができます。

色見本

手軽になった『本』作り

紙の原稿用紙を用意して本を作る時代に比べ、現代ではすべてデータで処理が出来るようになったことで、気軽に同人誌が作れるようになりました。印刷所によっては、印刷だけでなく表紙のデザインも行なってくれるため依頼してみるとよいでしょう。
袋

自分の持ち物に貼ろう

名前シールは、持っておくと便利なアイテムですが、自分でデザインし、印刷することができます。また、テンプレートやフリー素材をダウンロードすれば、おしゃれなシールも作れますし、データを残せば、シールがなくなった時にも安心ですよ。

Copyright© 2017 同人誌の表紙を魅力的に|名前シールからOPP袋まで広がる印刷の世界 All Rights Reserved.